国内外ニュース

日立、スマホ接続の飲酒検知器 顔認証でなりすまし防ぐ

 日立製作所の顔認証の機能が付いた小型のアルコール検知器=12日、東京都千代田区  日立製作所の顔認証の機能が付いた小型のアルコール検知器=12日、東京都千代田区
 日立製作所は12日、スマートフォンと接続して使う小型のアルコール検知器を開発したと発表した。他の運転手によるなりすましを防ぐ顔認証の機能が付いており、運送会社などで従業員の飲酒運転の予防に役立つという。実用化に向けて、8月から実証試験を始める。

 検知器は縦5センチ、横7センチ、厚さ1センチで、重さは20グラム。スマホとUSBケーブルでつなぎ、専用のアプリを起動して使う。

 乗車前に、検知器に息を吹き掛けてアルコール濃度を測定すると同時に、スマホのカメラが顔の画像を取得する。その後、運転直前に運転手の顔を再度、カメラで撮影して同一人物かどうかを確認する。

(6月12日17時16分)

経済(6月12日)