国内外ニュース

民進、法相問責を野田氏に一任 共謀罪、与党は職権駆使

 記者会見する野田民進党幹事長=12日午後、国会  記者会見する野田民進党幹事長=12日午後、国会
 民進党は12日、終盤国会の対応を協議する拡大執行役員会を国会内で開き、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を巡り、金田勝年法相の問責決議案提出のタイミングを野田佳彦幹事長に一任した。一方、参院法務委員会は野党の同意がないまま13日に政府に対する質疑を行うことを秋野公造委員長の職権で決めた。

 民進党が野田氏に対応を一任したのは、13日の法務委などで与党の出方を見極めるためだ。与党が採決を行う姿勢を示さなければ出席する一方、与党が審議を打ち切って採決すると判断すれば、共産、自由、社民の野党3党と法相問責案を共同提出して対抗する両にらみの構えだ。

(6月12日21時30分)

政治(6月12日)