国内外ニュース

玄海原発3、4号機の再稼働容認 佐賀地裁「安全性欠けず」

 玄海原発3、4号機再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てが却下され、佐賀地裁前で垂れ幕を掲げる住民ら=13日午前  玄海原発3、4号機再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てが却下され、佐賀地裁前で垂れ幕を掲げる住民ら=13日午前
 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、住民ら約230人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、佐賀地裁(立川毅裁判長)は13日、「原発の安全性に欠けるとは認められない」と判断し、差し止めを認めない決定をした。

 3、4号機は今年1月、原子力規制委員会の審査に合格した。4月には山口祥義知事が同意を表明し、夏以降、再稼働する見込みになっている。

 決定は、東京電力福島第1原発事故後に定められた原発の新規制基準の合理性を認めた上で、3、4号機の耐震性や配管劣化による重大事故対策にも問題はないとした。

(6月13日11時00分)

社会(6月13日)