国内外ニュース

JR西の歴代3社長、無罪確定へ 尼崎脱線「危険性認識できず」

 尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏  尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏
 2005年、乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本の歴代3社長について、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は「現場カーブの危険性が高いとは認識できなかった」とし、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。12日付。3人無罪の一、二審判決が確定する。

 国鉄民営化後、最も多くの犠牲者が出た鉄道事故はJR幹部らが刑事責任を負うことなく決着することになった。

 3人は、事故現場を急カーブに付け替えた1996年から事故までの間に社長を務めた井手正敬元相談役(82)、南谷昌二郎元会長(75)、垣内剛元社長(73)。

(6月13日14時05分)

社会(6月13日)