国内外ニュース

米、北朝鮮のサイバー攻撃非難 「悪意ある」と警報

 【ワシントン共同】米政府は13日、北朝鮮のハッカー集団が米国や世界のメディアや金融機関、重要インフラにサイバー攻撃を仕掛けているとして警報を発令した。「北朝鮮政府による悪意のあるサイバー活動」だとして同国政府を名指しで非難した。北朝鮮は近年、サイバー攻撃能力を強化しており、米政府は懸念を強めている。

 国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)が出した警報によると、米政府は集団を「ヒドゥン・コブラ」と呼称。「ラザルス」や「平和の守護神」とも呼ばれ、2009年以降、さまざまなシステムに不正侵入して情報を盗み出したり、データを破壊したりしている。

(6月14日9時51分)

国際(6月14日)