国内外ニュース

有毒の「ヒアリ」初確認 兵庫のコンテナから

 強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」(環境省提供)  強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」(環境省提供)
 環境省は14日までに、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が、中国・広州市から兵庫・神戸港に到着した貨物船のコンテナ内で見つかったと発表した。日本国内で確認されたのは初めて。すでに消毒して死滅させた。

 環境省は「現時点で外部に他の個体が逃げ出した可能性は低い」としているが、念のため周辺で緊急調査を始め、万が一見つけても手で触らないよう呼び掛けている。

 同省によると、ヒアリは2・5~6ミリメートル。攻撃性が強く、刺されるとアナフィラキシーショックを起こす恐れがある。

(6月14日13時00分)

科学・環境(6月14日)