国内外ニュース

大田氏告別式に1500人、沖縄 「平和の使徒」惜しむ声

 沖縄県浦添市で営まれた大田昌秀氏の告別式=15日午後  沖縄県浦添市で営まれた大田昌秀氏の告別式=15日午後
 沖縄県知事を2期8年務めて米軍基地問題の解決を訴え続け、92歳で12日に亡くなった大田昌秀氏の告別式が15日、同県浦添市の斎場で営まれた。友人や大学教授時代の教え子ら約1500人が参列。太平洋戦争末期の沖縄戦での体験を原点に反戦を強く求めた大田氏を「平和の使徒だった」とたたえ、永遠の別れを惜しんだ。

 長年にわたり公私ともに交流があった比嘉幹郎さん(86)が、弔辞を朗読。「全ての人々に戦争の愚かさ、平和の尊さを永久に認識させるため、生涯を送った」と評した。

 式を終えた後、翁長雄志知事は「沖縄にとって、かけがえのない方が亡くなった」と悼んだ。

(6月15日21時31分)

社会(6月15日)