国内外ニュース

ロシアがイスラム国指導者殺害か 米は未確認

 過激派組織「イスラム国」指導者のバグダディ容疑者(AP=共同)  過激派組織「イスラム国」指導者のバグダディ容疑者(AP=共同)
 【モスクワ共同】ロシア国防省は16日、ロシア軍によるシリア北部ラッカ南郊への空爆により、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のアブバクル・バグダディ容疑者が死亡したとの情報を得て、複数のルートで確認中だと発表した。空爆は5月28日未明、IS幹部らが会合していた拠点に対して実施された。

 米軍主導の有志国連合は「確認できていない」としており、米メディアによると米国防総省や米軍高官も懐疑的な姿勢。過去2週間、死亡を示す機密情報は得られていないという。ロシアのラブロフ外相は「100パーセント確認できる情報はない」と述べた。

 ISはラッカを「首都」と称している。

(6月16日21時56分)

国際(6月16日)