国内外ニュース

卓球荻村杯、水谷は準決勝で敗退 最終日

 男子シングルス準決勝で敗退した水谷隼=東京体育館  男子シングルス準決勝で敗退した水谷隼=東京体育館
 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープン最終日は18日、東京体育館で行われ、男子シングルス準決勝で水谷隼(木下グループ)は世界選手権個人戦で準優勝の樊振東(中国)に1―4で敗れた。

 決勝は男女とも中国勢同士がぶつかり、世界選手権決勝と同じ顔合わせとなった男子は世界王者の馬竜が樊振東を4―1で、女子は16歳の孫穎莎が世界ランキング5位の陳夢を4―3で破ってそれぞれ初優勝した。馬竜、孫穎莎ともにダブルスとの2種目制覇を達成した。

(6月18日18時10分)

スポーツ(6月18日)