国内外ニュース

レスリング登坂、12月復帰意向 リオ五輪の48キロ級女王

 登坂絵莉  登坂絵莉
 レスリングのリオデジャネイロ五輪女子48キロ級金メダリストで戦列を離れている登坂絵莉(東新住建)が18日、東京・代々木第二体育館で行われた全日本選抜選手権の観戦に訪れ、12月の全日本選手権で復帰する意向を明らかにした。1月に左足親指付近の手術を受け、世界選手権(8月・パリ)代表入りを断念したが「徐々にスパーリングも始めている」と語った。

 48キロ級では17歳の須崎優衣(東京・安部学院高)が2連覇した。世界選手権で3連覇中だった登坂は「(世界代表に決まった)須崎選手だけでなく、他の選手も強く、層が厚くなっていると感じた」と刺激を受けた様子だった。

(6月18日21時25分)

スポーツ(6月18日)