国内外ニュース

東京円、111円台前半

 週明け19日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比10銭円高ドル安の1ドル=111円08~09銭。ユーロは14銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円30~34銭。

 米国で前週末に住宅着工件数などの経済指標の低調が相次ぎ、海外市場でドルを売る動きが優勢となり、東京市場でもその流れを引き継いだ。その後、買い戻しも見られた。

 市場では「日経平均株価の2万円台回復で、投資家の積極姿勢が高まり、安全資産とされる円を売る動きも出ている」(外為ブローカー)との声があった。

(6月19日10時16分)

経済(6月19日)