国内外ニュース

教員の「働き方改革」諮問 勤務時間改善向け中教審

 松野博一文部科学相は22日の中教審総会で、学校現場の長時間労働解消に向け、対応の遅れが指摘される教員の勤務時間管理に関する改善策などを検討するよう諮問した。今後の議論で、子どもの教育を巡る学校と家庭、地域の役割分担も含め、学校現場の「働き方改革」への有効な手だてを示せるかが注目される。

 総会で中教審の複数の委員からは、教員に時間外手当の支給を認めていない教職員給与特別措置法(給特法)が「無制限の時間外労働の原因になっている」として、廃止も含めた見直しを検討すべきだとする意見が出た。

(6月22日12時11分)

暮らし・話題(6月22日)