国内外ニュース

多田、ケンブリッジら代表 世界陸上、飯塚らも選出

 上段左から多田修平、ケンブリッジ飛鳥。下段左から飯塚翔太、鈴木亜由子  上段左から多田修平、ケンブリッジ飛鳥。下段左から飯塚翔太、鈴木亜由子
 日本陸連は26日、堺市内で理事会を開き、8月の世界選手権代表として、新たに男子短距離の多田修平(関学大)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)飯塚翔太(ミズノ)、女子長距離の鈴木亜由子(日本郵政グループ)らを選んだ。多田とケンブリッジは初の代表。桐生祥秀(東洋大)はリレーで入った。

 日本選手権優勝で代表入りが決まっていた男子の短距離で18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)や棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)らも正式に承認された。

 日本選手権3位以内の選手が今後、参加標準記録を突破した場合などは追加の可能性がある。

(6月26日13時30分)

スポーツ(6月26日)