国内外ニュース

有価証券報告書の延期申請 富士フイルム、決算訂正で

 富士フイルムホールディングス(HD)は28日、2017年3月期の有価証券報告書を法定期限の今月末までに提出できる見通しが立たないとして、7月31日までの延期を関東財務局に申請したと発表した。グループの海外子会社で不正会計が発覚し、過去の決算を訂正する作業に時間を要しているため。

 富士フイルムHDを巡っては、子会社で事務機器を扱う富士ゼロックスのオーストラリアとニュージーランドの販売子会社で、売り上げの過大計上など不正な会計処理が発覚。過去6年間で純利益を計375億円水増ししていたことが判明した。

(6月28日12時45分)

経済(6月28日)