国内外ニュース

イラク、モスル奪還完了に遅れも 「イスラム国」反撃続く

 イラク北部モスルの旧市街で会議をする対テロ部隊=27日(ロイター=共同)  イラク北部モスルの旧市街で会議をする対テロ部隊=27日(ロイター=共同)
 【アルビル(イラク北部)共同】イラク軍などは28日、過激派組織「イスラム国」(IS)がイラク最後のとりでとして抵抗するモスル西部の旧市街で戦闘を続行。イラク政府側は「数日内」の奪還に自信を見せるが、IS側も多くの住人を「人間の盾」にして反撃を続けており、遅れる可能性も指摘され始めた。

 イラク対テロ部隊(CTS)の司令官は22日、IS排除完了は「数日以内」との見通しを示していた。一方、アバディ首相は26日「勝利宣言は間もなくだ」との声明を発表した。

(6月28日16時41分)

国際(6月28日)