国内外ニュース

米高官、北朝鮮に圧力強化の方針 「全ての選択肢」準備

 【ワシントン共同】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は28日、今後数カ月にわたって核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を強化する方針を表明。「トランプ大統領は北朝鮮を核保有国として認めないし、米国に対する脅威となることも容認しない」と述べ、軍事オプションを含む「全ての選択肢」を準備しなければならないと述べた。ワシントンで開かれたシンポジウムで語った。

 マクマスター氏は、北朝鮮への圧力を強める上で中国の果たす役割の重要性を指摘し、「中国がどの程度協力できるのかを見極める必要がある」と述べた。

(6月29日7時31分)

国際(6月29日)