国内外ニュース

私立大の定員5701人増 4割が23区内、抑制応じず

 大学設置・学校法人審議会は2018年度からの入学定員増を3月に申請した私立大47校に対し5701人増を認め29日、松野博一文部科学相に答申した。学生の都市部集中を抑制するため、文科省はこのうち約4割の2183人分を占める東京23区内の12校に計画見直しを求めていたが、各校とも応じず、申請通り認められた。

 文科省によると、増員の内訳は明治大(東京都、神奈川県)1030人、日本大(東京都、千葉県)472人、武蔵野大(東京都)385人、同志社大(京都府)326人などで都市部の大規模大が多い。

(6月29日16時45分)

暮らし・話題(6月29日)