国内外ニュース

名誉毀損、テレビ朝日に賠償命令 清原元選手報道で大阪地裁

 ニュース番組でプロ野球の清原和博元選手(49)に暴力団関係者を紹介したかのように報道されたのは名誉毀損に当たるとして、元プロボクシング世界王者渡辺二郎氏(62)がテレビ朝日に1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(森田浩美裁判長)は29日、150万円の支払いを命じた。

 番組は2016年2月4日放送の「報道ステーション」。判決によると、清原元選手の覚醒剤事件を巡り、元刑事とされる男性が「(清原元選手は)世界チャンピオンを取った人から暴力団員の紹介を受けた」と証言する様子を匿名で報じたが、ネット掲示板では渡辺氏を挙げる書き込みが多数投稿された。

(6月29日17時16分)

社会(6月29日)