国内外ニュース

新関脇の御嶽海が出稽古開始 大関豪栄道らの胸借りる

 出稽古で汗を流す御嶽海=愛知県扶桑町の境川部屋宿舎  出稽古で汗を流す御嶽海=愛知県扶桑町の境川部屋宿舎
 大相撲の新関脇御嶽海が29日、名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)に向けた出稽古を開始し、愛知県扶桑町の境川部屋で大関豪栄道らの胸を借りた。「関脇になったので一門のトップのところに行ってみたかった。いい稽古ができた」と前向きだった。

 前に出る意識はしていたものの、立ち合いで上体が上がって力がうまく出せなかったようで、幕内の佐田の海や十両の豊響らとは13番取って5勝8敗。特に豪栄道戦では腰が高くなり、終盤は疲れが出て1勝10敗だった。「最後は力がなくなった。まだまだ上がいる」と大関との差を実感させられた。

(6月29日19時26分)

相撲(6月29日)