国内外ニュース

元秘書が下村氏指摘の疑惑否定 「データ提供の事実ない」

 週刊文春の報道を巡り、自民党の下村博文幹事長代行(東京都連会長)が記者会見で、元秘書が内部文書を持ち出した疑惑があると指摘したことに対し、元秘書は29日、報道各社に「私が週刊文春側に下村氏の事務所のデジタルデータを提供した事実はない」とするコメントを出した。

 下村氏は29日午前の会見で、事務所の現金を詐取したことを認めて謝罪したとする元秘書の署名入り上申書を報道陣に配布したが、これに対しても元秘書は「上申書は偽造文書で、私の筆跡ではない。犯罪行為をした事実はない」と反論した。

 元秘書は地域政党「都民ファーストの会」から都議選に立候補している。

(6月29日21時10分)

社会(6月29日)