国内外ニュース

奈良・東大寺の「大湯屋」初公開 鎌倉期、重源上人ゆかりの浴場

 報道陣に公開された東大寺「大湯屋」の内部。中央は湯を入れたとみられる「鉄湯船」=30日午前、奈良市  報道陣に公開された東大寺「大湯屋」の内部。中央は湯を入れたとみられる「鉄湯船」=30日午前、奈良市
 奈良市の東大寺は30日、鎌倉時代に同寺の復興に尽力した重源上人が整備したとされる浴場「大湯屋」(国の重要文化財)を報道陣に公開した。修理が終わり、7月1~31日、初めて一般公開される。

 内部に残る直径約2m、高さ約80センチの「鉄湯船」には、鎌倉時代の建久8(1197)年の年号が刻まれている。湯を入れてかけ湯をしたり、蒸気で体のあかを落としたりして使用したとみられ、いつまで使われたかは不明という。

 公開は、JR西日本の観光キャンペーン「ちょこっと関西歴史たび」の特別企画。国宝「重源上人坐像」を安置する元禄年間の建物「俊乗堂」と同時に有料で拝観できる。

(6月30日11時15分)

暮らし・話題(6月30日)