国内外ニュース

香港、中国統制強化で分断深まる 6万人がデモ行進、返還20年

 香港返還から20年を迎えた1日、民主化を求めて中心部をデモ行進する人たち。ノーベル平和賞受賞者の民主活動家、劉暁波氏の似顔絵が掲げられた(共同)  香港返還から20年を迎えた1日、民主化を求めて中心部をデモ行進する人たち。ノーベル平和賞受賞者の民主活動家、劉暁波氏の似顔絵が掲げられた(共同)
 【香港共同】香港返還から20年となった1日、中国の習近平国家主席は記念式典で「中央政府の権力に対するいかなる挑戦も決して許さない」と述べ、香港に対する統制強化の姿勢を示した。香港中心部で反発する市民6万人以上(主催者発表)が参加したデモが行われ、民主化を求めた。習氏の強硬姿勢で、親中的な姿勢を取る香港政府と民主派の対立も深まり分断がさらに進みそうだ。

 習氏は1日に香港政府トップの行政長官に就任した林鄭月娥氏ら政府幹部を前に演説し、「香港独立運動を抑え込み、安定を維持するため困難に立ち向かわなければならない」と述べた。

(7月1日21時50分)

国際(7月1日)