国内外ニュース

コンテナ船新会社設立延期 海運3社、営業に影響なし

 海運大手の日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社が1日に予定していた定期コンテナ船事業の統合新会社の設立を延期したことが同日、分かった。2018年4月1日の営業開始予定には影響しないとみられる。

 関係者によると、3社は設立の遅延を数日程度にとどめることを目指して調整している。設立に関して関係各国との手続きが若干遅れたという。

 統合新会社を巡っては、南アフリカの当局が独占禁止法上の問題から統合を拒否する姿勢を示している。

(7月1日22時55分)

経済(7月1日)