国内外ニュース

6月の百貨店売上高は全社増加 大手4社、高級品好調

 大手百貨店4社が3日発表した6月の既存店売上高(速報)は全社で前年同月に比べ増加した。宝飾品や高級ブランド品が好調で、訪日外国人客向けの販売も増えた。

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは4・8%増だった。夏のセールを昨年より早めて6月30日から開始し、ブランド品以外の婦人服もプラスに転じた。訪日外国人客の売り上げは47%増えた。

 高島屋は4・6%増と、4カ月連続で増加した。化粧品などが売れた。

 そごう・西武は1・4%増だった。化粧品や傘などの婦人雑貨や宝石、食品が好調だった。

 三越伊勢丹ホールディングスは0・9%増で、2カ月ぶりのプラス。

(7月3日18時16分)

経済(7月3日)