国内外ニュース

テニス、錦織が6年連続初戦突破 大坂勝ち、日比野は敗れる

 男子シングルス1回戦 マルコ・チェッキナートと対戦する錦織圭=ウィンブルドン(共同)  男子シングルス1回戦 マルコ・チェッキナートと対戦する錦織圭=ウィンブルドン(共同)  男子シングルスで初戦を突破した錦織圭=ウィンブルドン(共同)  男子シングルスで初戦を突破した錦織圭=ウィンブルドン(共同)  女子シングルス1回戦 サラ・ソリベストルモと対戦する大坂なおみ=ウィンブルドン(共同)  女子シングルス1回戦 サラ・ソリベストルモと対戦する大坂なおみ=ウィンブルドン(共同)
 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕し、男子シングルス1回戦で第9シードの錦織圭が初対戦した世界ランキング102位のマルコ・チェッキナート(イタリア)に6―2、6―2、6―0で勝ち、6年連続で初戦を突破した。第1シードのアンディ・マリー(英国)も2回戦に進んだ。

 女子シングルス1回戦で初出場の大坂なおみがサラ・ソリベストルモ(スペイン)を6―3、7―6で下し、四大大会全てで白星を挙げた。日比野菜緒は第17シードのマディソン・キーズ(米国)に4―6、2―6で敗れた。

(7月4日1時26分)

スポーツ(7月4日)