国内外ニュース

ミサイル発射で北朝鮮を強く非難 首相、情報収集・分析指示

 北朝鮮の弾道ミサイル発射について記者団の取材に応じる安倍首相=4日午前、首相官邸  北朝鮮の弾道ミサイル発射について記者団の取材に応じる安倍首相=4日午前、首相官邸
 政府は4日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会決議への明白な違反に当たるとして北京の大使館ルートを通じ北朝鮮に厳重に抗議し、強く非難した。安倍晋三首相は(1)情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速、的確な情報を提供(2)航空機、船舶などの安全確認の徹底(3)不測の事態に備え万全の態勢を取る―の3点を関係省庁に指示した。菅義偉官房長官が臨時の記者会見で明らかにした。

 政府は4日午前、国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会議を開き、情報収集・分析に当たった。首相は会議後、「高度な警戒態勢を維持しながら、国民の安全確保に万全を期す」と強調。

(7月4日12時25分)

政治(7月4日)