国内外ニュース

東京の海運会社が所得隠し8億円 租税回避地の会社を利用

 東京都千代田区にある海運会社「バンガードエンタープライズ」が東京国税局の税務調査を受け、2016年までの約7年間に約8億円の所得隠しを指摘されていたことが4日、関係者への取材で分かった。重加算税を含む追徴税額は約3億円に上るとみられる。

 タックスヘイブン(租税回避地)にある実質的な子会社を取引先に見せ掛け、所得を申告していなかった。既に修正申告と納税を済ませたとみられる。バンガード社は取材に対し「担当者が不在で対応できない」としている。

(7月4日12時41分)

社会(7月4日)