国内外ニュース

開港150年で記念貨幣 大阪・神戸、造幣局

 神戸、大阪両港の開港150年を記念した貨幣セット  神戸、大阪両港の開港150年を記念した貨幣セット
 神戸、大阪両港の開港150年を記念し、独立行政法人造幣局(大阪市北区)は4日、貨幣セットを販売すると発表した。価格は1万3371円(消費税・送料込み)。

 セットは、表面に光沢を持たせるように加工した1円から500円までの硬貨6枚と、港を背景に船が波間を進むデザインの銀メダル1枚。

 申し込みは、はがきか造幣局ホームページ上のオンラインショップで。期間は5日~8月1日。問い合わせはハローダイヤル、電話050(5548)8686。

 神戸港は1868年1月、大阪港は同7月に開港。造幣局や神戸市などは今年を開港150年と位置付け、記念事業を展開している。

(7月4日17時05分)

暮らし・話題(7月4日)