国内外ニュース

原子力機構、核物質を不適切管理 容器4千点、遠い信頼の道

 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」=6月、茨城県大洗町  日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」=6月、茨城県大洗町
 日本原子力研究開発機構が長期間、核物質の容器4500個超を不適切に管理していたことが、原子力規制庁への取材で分かった。機構の被ばく事故は6日で発生から1カ月。こうしたいいかげんな管理体制が事故の背景となった。高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の廃炉作業も担うことになっている機構。信頼される組織となる道は遠い。

 「子どもが使ったおもちゃを出しっぱなしにしているのと同じ。原子力の専門家集団としてほかの事業者の模範となるべきなのに、極めてずさんだ」。規制庁の担当者は機構を批判する。

(7月5日21時40分)

科学・環境(7月5日)