国内外ニュース

NY株小幅反落、1ドル安 原油相場重しに

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=5日(ロイター=共同)  ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=5日(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反落し、休日前の3日と比べて1・10ドル安の2万1478・17ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は40・80ポイント高の6150・86と4営業日ぶりに反発した。

 朝方は原油先物相場の下落を嫌気して関連銘柄のエクソンモービルとシェブロンが売られたほか、5月の米製造業受注高が市場予想より悪かったこともあって下落基調で始まった。

 このところの割高感から売られていたIT関連のマイクロソフトなどが買い戻される場面もあったが、原油先物の大幅下落が相場の重しとなった。

(7月6日6時11分)

経済(7月6日)