国内外ニュース

東京・大井ふ頭にもヒアリ1匹 コンテナ内、積み荷は千葉へ

 大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供)  大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供)
 東京都は6日、品川区の大井ふ頭で陸揚げしたコンテナ内から、南米原産で強い毒を持つヒアリ1匹を確認したと発表した。コンテナの積み荷は、千葉県君津市に運ばれて既に取り出されている。環境省は君津市や関係業者にも協力を依頼し、追跡調査をしている。

 都や環境省によると、コンテナは中国・広東省の港で積み込まれ、6月27日に大井に到着。30日に君津市に搬出し、積み荷が取り出された。作業中にアリは確認されておらず、刺されるなどの健康被害も出ていない。コンテナを降ろした貨物船は大井を出港後、横浜、千葉、名古屋、大阪、神戸に寄港し、台湾に向かったという。

(7月6日20時51分)

社会(7月6日)