国内外ニュース

香港の総領事館近くに慰安婦像 反日団体が設置

 香港の日本総領事館が入るビル近くに設置された2体の少女像=7日(共同)  香港の日本総領事館が入るビル近くに設置された2体の少女像=7日(共同)
 【香港共同】香港の反日団体は7日、日中戦争の発端となった盧溝橋事件から80年を迎えたのに合わせ、日本総領事館が入るビル近くの歩道橋に、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像2体を置いた。旧日本軍の南京占領から80年に当たる12月13日まで設置したいとしている。

 日本総領事館は7日、香港政府側に慰安婦像の早期撤去を申し入れた。

 反日団体は、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有権を主張する「保釣行動委員会」など。2体の像は韓国人と中国人の慰安婦を象徴しており、中国で作ったという。

(7月7日17時20分)

国際(7月7日)