国内外ニュース

大阪のジムが途上国へ寄付 体重減らして飢餓なくせ

 ダイエットで減った体重を金額に換算し、発展途上国に寄付するイベントを始めた「ライジングシフト」の長谷川浩久社長=大阪市  ダイエットで減った体重を金額に換算し、発展途上国に寄付するイベントを始めた「ライジングシフト」の長谷川浩久社長=大阪市
 ダイエットで減った体重を金額に換算して買い取り、発展途上国に寄付するイベントを大阪市西区のスポーツジム運営会社「ライジングシフト」が始めた。長谷川浩久社長(32)は「食生活を見直すと同時に、世界の飢餓問題に関心を持ってほしい」と話す。

 約70人が無料で1週間、食事や筋トレの指導を受け、ほぼ全員の体重が減少した。同社は100グラム分を40円と換算。世界食糧計画(WFP)が途上国の母子に提供する栄養強化食品1食分に値し、計824食分、3万2960円を参加者らに支払い、全額をWFPに寄付してもらった。

(7月9日17時06分)

暮らし・話題(7月9日)