国内外ニュース

震度5強、桜島への影響現れず 鹿児島の地震

 鹿児島県で最大震度5強を観測した地震を受け、気象庁は11日、記者会見を開き「桜島の観測データに変化はない」として、地震による火山活動への影響は現れていないことを明らかにした。

 気象庁によると、震源がある鹿児島湾の地震活動は昨年末ごろから活発になっている。今年3月11日には今回の震源のすぐ近くでマグニチュード(M)3・9、最大震度3の地震が起きたが、桜島からは離れており、火山活動にも変化は見られないため、関連はないとみている。

 気象庁は、揺れが強かった地域では地盤が緩んでいるところもあるとして、土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。

(7月11日18時51分)

社会(7月11日)