国内外ニュース

日米韓、さらなる圧力強化で一致 対北朝鮮で首席会合

 11日、在シンガポール日本大使館で記者会見する外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)  11日、在シンガポール日本大使館で記者会見する外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)
 【シンガポール共同】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の日米韓首席代表による会合が11日、シンガポール中心部のホテルで行われた。北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、核やミサイル開発といった挑発行為を阻止するため、圧力をさらに強める方針で一致した。

 会合後、記者会見した日本側首席代表の金杉憲治外務省アジア大洋州局長は「圧力強化に向けた日米韓のさらなる連携と、中国やロシアにも建設的な役割を果たしてもらうことなどを話し合った」と述べた。米国が北朝鮮と取引のある中国企業を制裁対象としたことも協議したという。

(7月11日22時22分)

国際(7月11日)