国内外ニュース

ビール出荷量5年連続最低 1~6月、大手5社

 屋上ビアガーデンでビールを楽しむ女性たち=4月、大阪市の阪急百貨店梅田本店  屋上ビアガーデンでビールを楽しむ女性たち=4月、大阪市の阪急百貨店梅田本店
 ビール大手5社が12日発表した発泡酒などを含む「ビール類」の1~6月の出荷量は、前年同期比1・3%減の1億9025万ケース(1ケースは大瓶20本換算)だった。統計を始めた1992年以降の1~6月の過去最低を、5年連続で更新した。酒の好みが多様化し、ワインや酎ハイなどに移った。6月からのビール類の値上げも響いた。

 内訳は、ビールが1・4%減の9421万ケースで2年ぶりのマイナスだった。発泡酒は2・4%減の2636万ケース。「第三のビール」は0・7%減の6967万ケースだった。三つのビール類がともにマイナスだったのは初めて。

(7月12日11時07分)

経済(7月12日)