国内外ニュース

風力発電使い水素燃料を製造 トヨタや神奈川県が新設備

 臨海部にある風力発電所内に新設された水素製造設備=12日午後、横浜市  臨海部にある風力発電所内に新設された水素製造設備=12日午後、横浜市
 トヨタ自動車や神奈川県などは12日、風力発電と水を使って二酸化炭素(CO2)を出さずに水素燃料を製造する新たな設備を、横浜市で報道陣に公開した。2015年度に水素活用の可能性を探る実証プロジェクトを始めており、13日から新設備を本格的に運用する。

 実証プロジェクトは環境省からの委託で、期間は18年度までの4年間。事業費は計約20億円という。これまで水素の利用によるコストやCO2削減効果を燃料電池車のフォークリフト2台で検証してきた。今後は新施設から水素を供給し、横浜市と川崎市の工場などで計12台を稼働させる。

(7月12日19時40分)

経済(7月12日)