国内外ニュース

K―1選手が負傷者救出、徳島 正面衝突で1人重傷

 12日正午ごろ、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の県道で乗用車とトラックが正面衝突し、1人が重傷を負った。仕事の営業中に現場を通りかかったK―1ジム北斗会館(川崎市)の代表で、K―1選手の小宮山工介さん(30)がトラックの窓ガラスを割るなどして救助にあたった。

 鳴門署によると、乗用車が燃え始めたため、小宮山さんは乗用車を運転していた車両整備士岸本浩貴さん(25)=板野町吹田=をひきずり出した。またトラック助手席の窓を肘で割り、運転していた会社員古城孝浩さん(51)=鳴門市大麻町=の脱出を助けた。

(7月12日21時55分)

社会(7月12日)