国内外ニュース

ウィンブルドン車いす、上地敗退 四大大会全制覇ならず

 車いすの部女子シングルス準決勝で敗退した上地結衣=ウィンブルドン(共同)  車いすの部女子シングルス準決勝で敗退した上地結衣=ウィンブルドン(共同)
 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝で第2シードの上地結衣(エイベックス)はサビーネ・エラーブロック(ドイツ)に6―7、6―1、6―7で屈し、四大大会全制覇はならなかった。上地は今季の四大大会で全豪オープン、全仏オープンと2連勝していた。

 男子シングルス準決勝で主催者推薦出場の国枝慎吾(ユニクロ)はステファン・オルソン(スウェーデン)に4―6、2―6で敗れた。

 ウィンブルドン車いすの部でシングルスは昨年初めて実施された。

(7月14日21時51分)

スポーツ(7月14日)