国内外ニュース

エジプトで観光客襲撃、2人死亡 紅海に面したリゾート地ハルガダ

 エジプト・ハルガダ  エジプト・ハルガダ
 【カイロ共同】エジプト東部の紅海に面したリゾート地ハルガダで14日、ナイフを持った男がホテルに押し入り、観光客を次々に襲撃した。内務省は外国人女性6人が被害に遭ったと発表。地元メディアによると、ウクライナ人女性2人が死亡した。現地病院関係者は、負傷した4人はロシアと東欧からの観光客だと明らかにした。

 内務省によると男は単独犯で、取り押さえられた。当局が男の動機を調べている。イスラム過激派が関与したテロの可能性もある。

 ハルガダは欧州やロシアの観光客に人気が高い。昨年1月には、武装した2人組の男がホテルを襲撃し、外国人計3人が負傷する事件もあった。

(7月15日0時50分)

国際(7月15日)