国内外ニュース

WBCタイトル戦、三浦判定負け Sフェザー級、王座復帰ならず

 ミゲル・ベルチェルト(左)のパンチを受ける三浦隆司=イングルウッド(ゲッティ=共同)  ミゲル・ベルチェルト(左)のパンチを受ける三浦隆司=イングルウッド(ゲッティ=共同)
 【イングルウッド(米カリフォルニア州)共同】世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦が15日、米カリフォルニア州イングルウッドで行われ、33歳で同級1位の三浦隆司(帝拳)は王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)に0―3の判定で敗れ、2015年11月に失った王座への復帰はならなかった。

 三浦は1回にダウンを喫するなど序盤からペースをつかめなかった。中盤以降は攻勢に出たが、細かいパンチを受けて劣勢を覆せなかった。戦績は37戦31勝(24KO)4敗2分け、ベルチェルトは33戦32勝(28KO)1敗。

(7月16日16時11分)

スポーツ(7月16日)