国内外ニュース

北海道、東北で大雨 大気不安定、避難勧告も

 局地的な大雨で浸水した家電量販店で、たまった雨水をかき出す従業員=16日午後、北海道小樽市  局地的な大雨で浸水した家電量販店で、たまった雨水をかき出す従業員=16日午後、北海道小樽市
 日本列島は16日、梅雨前線や低気圧の影響で、北海道や東北で大気が不安定な状態になり、局地的に大雨が降った。気象庁は土砂災害や浸水などに警戒するよう呼び掛けた。秋田県では2町が住民に避難勧告を出した。

 気象庁によると、北海道では、1時間降雨量が観測史上最大を観測した地点が午前11時以降に相次ぎ、小樽市で50・5ミリ、上川町で47・0ミリを記録。小樽市内ではあちこちで道路が冠水した。

 JR北海道は、函館線や宗谷線などの一部で運転を見合わせ、特急など120本以上が運休した。

(7月16日17時35分)

社会(7月16日)