国内外ニュース

オバマケア廃止法案も困難 トランプ政権重要公約危機

 記者団の取材に応じる米共和党のマコネル上院院内総務(中央)=18日、ワシントン(ゲッティ=共同)  記者団の取材に応じる米共和党のマコネル上院院内総務(中央)=18日、ワシントン(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米与党共和党の指導部が上院で採決を検討している医療保険制度改革(オバマケア)廃止法案について、共和党の3人の上院議員が18日、反対する考えを表明した。オバマケア代替法案の可決が絶望的となったことを受け、新たな保険制度の決定を先送りしてオバマケア廃止だけを目指したが、再び造反により困難となった。

 トランプ大統領の最重要公約であるオバマケア見直しは危機的な状況に。オバマケア見直しで大幅減税の財源を捻出する方針だったため、経済政策全体への影響は必至。トランプ氏は重要政策で成果を出せないまま就任半年となる今月20日を迎えることになりそうだ。

(7月19日8時20分)

国際(7月19日)