国内外ニュース

参院選1票の格差「違憲判断を」 最高裁、年内統一判断へ

 「1票の格差」訴訟の上告審弁論のため、最高裁に入る山口邦明弁護士(前列中央)らのグループ=19日午前  「1票の格差」訴訟の上告審弁論のため、最高裁に入る山口邦明弁護士(前列中央)らのグループ=19日午前  「1票の格差」訴訟の上告審弁論のため、最高裁に向かう升永英俊弁護士(前列左から2人目)らのグループ=19日午後  「1票の格差」訴訟の上告審弁論のため、最高裁に向かう升永英俊弁護士(前列左から2人目)らのグループ=19日午後
 「1票の格差」が最大3・08倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審弁論が19日、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で開かれ、原告側は違憲判断を求めた。午後に結審し、年内にも判決で統一判断が示される見通し。

 山口邦明弁護士のグループに所属する三竿径彦弁護士は「人口に比例した議員定数の配分は代表民主制の根幹をなす原理だが、実現に至っていない。積極的に違憲・無効と判断してほしい」と主張。被告の選挙管理委員会側は「長い間5倍前後で推移していた格差が大幅に縮小した。今回の定数配分は違憲や違憲状態ではない」と訴えた。

(7月19日12時16分)

社会(7月19日)