国内外ニュース

JBCと亀田ジム側が和解 資格回復を認める

 2013年12月の世界戦で混乱が生じたことなどを理由に日本ボクシングコミッション(JBC)から事実上の資格剥奪処分を受けた当時亀田ジム会長の吉井真二氏、マネジャーの嶋聡氏が処分不当としてJBC相手に資格回復の地位確認や損害賠償を求め東京地裁に起こした訴訟で、JBCは19日、和解が成立したと発表した。

 両氏が損害賠償を求めないこと、JBCが両氏に2017年度の各ライセンスを付与することを確認した。JBC認可を受けてのジムとしての再活動が可能となる。

(7月19日21時36分)

スポーツ(7月19日)