国内外ニュース

茨城の海水浴場にドチザメか 約30匹確認

 久慈浜海水浴場で確認されたドチザメとみられるサメ=19日正午ごろ、茨城県日立市(茨城県警提供)  久慈浜海水浴場で確認されたドチザメとみられるサメ=19日正午ごろ、茨城県日立市(茨城県警提供)
 茨城県は19日、同県日立市の久慈浜海水浴場で、ドチザメとみられるサメ約30匹を確認したと発表した。20日以降は安全を確認した上で遊泳を認める方針で、利用客に注意を呼び掛けている。

 県によると、19日午前、海水浴場の利用客から日立市を通じて、サメの目撃情報が寄せられた。県の依頼で出動した県警ヘリが正午ごろ、浜辺から約10メートル沖でサメを確認した。この日は水温が低かったため、海水浴場は遊泳が禁止されていた。

 県観光物産課は「ドチザメはおとなしい性格だが、注意が必要。目撃した時は速やかに陸に上がり、監視員に報告してほしい」としている。

(7月19日21時36分)

社会(7月19日)