国内外ニュース

北朝鮮、ICBM再発射準備か 2週間で可能に、米CNN報道

 北朝鮮の労働新聞が5日掲載したICBM「火星14」の発射実験の写真(共同)  北朝鮮の労働新聞が5日掲載したICBM「火星14」の発射実験の写真(共同)
 【ワシントン共同】米CNNテレビは19日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)か中距離弾道ミサイルの発射を準備している可能性があると報じた。約2週間後に発射可能になるとみられる。複数の米政府高官の話としている。

 北朝鮮は4日に初のICBM発射実験を成功させたばかり。トランプ米政権は北朝鮮の核・ミサイル開発に関与している中国やロシアの企業への制裁など圧力強化を検討しているが、挑発を抑止できるかは不透明だ。

 CNNによると、北朝鮮が弾道ミサイルの部品や誘導設備のテストをしているとみられる動きを、米衛星が確認した。

(7月20日13時16分)

国際(7月20日)