国内外ニュース

世界最大級の闇サイト摘発 薬物など売買と米司法省

 【ワシントン共同】米司法省は20日、世界最大規模の闇サイト「アルファベイ」を英国やフランスなどの司法当局との連携で摘発したと発表した。同サイトでは、違法薬物やビットコインなどが大量に売買されていたとみられている。

 セッションズ司法長官は「闇サイトでも犯罪を隠すことはできない」と述べ、同種サイトの摘発を徹底する意向を示した。ロイター通信によると、オランダ当局も別の闇サイトを摘発した。

 アルファベイなどの闇サイトは、IPアドレスを記録しないサーバーを経由して接続することから発信元を追跡することが困難とされる。

(7月21日1時21分)

国際(7月21日)