国内外ニュース

伊方3号機差し止め認めず 松山地裁、仮処分決定

 四国電力伊方原発3号機の仮処分で運転差し止めを認めなかった松山地裁の決定を受け、掲げられた垂れ幕=21日午後、松山市  四国電力伊方原発3号機の仮処分で運転差し止めを認めなかった松山地裁の決定を受け、掲げられた垂れ幕=21日午後、松山市
 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁止するよう県内の住民らが申し立てた仮処分について、松山地裁(久保井恵子裁判長)は21日、却下する決定をした。4カ所で申し立てられた仮処分のうち、今年3月の広島地裁決定に続いて運転差し止めを認めなかった。

 四国電側が算出した原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)の信用性や、東京電力福島第1原発事故後に原子力規制委員会が策定した新規制基準に基づく審査の在り方などが争点だった。

 ほか3カ所の仮処分は、広島地裁に申し立てた住民側が広島高裁へ即時抗告したほか、大分地裁と山口地裁岩国支部で審理が続いている。

(7月21日13時35分)

社会(7月21日)