国内外ニュース

松山、スピースと6打差で10位 全英OPゴルフ第2日

 第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=ロイヤルバークデールGC(共同)  第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=ロイヤルバークデールGC(共同)
 【サウスポート(英国)共同】男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は21日、英サウスポートのロイヤルバークデールGC(パー70)で第2ラウンドが行われ、12位から出た松山英樹は4バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの72で回り、通算イーブンパーの140で首位と6打差の10位となった。

 首位タイから69と伸ばした23歳のジョーダン・スピース(米国)が通算6アンダーでトップ。2打差でマット・クーチャー(米国)、さらに1打差の3位にイアン・ポールター(英国)と全米オープン選手権覇者ブルックス・ケプカ(米国)が続いた。

(7月22日7時05分)

ゴルフ(7月22日)